子供と出かける

クラフトビール好きな私が子供と一緒に遊びに行った場所を紹介します。

大阪空港 空の日エアポートフェスティバル

2018年10月13日伊丹空港で行われたイベント、エアポートフェスティバルへ行ってきました。

www.kansai-airport.or.jp

子供を連れて電車で伊丹空港は我が家からは2時間弱掛かってしまうので車で行くことは決めたのですが、伊丹空港の駐車場に停めれるかどうかが怪しいので、アクセスの良い場所に車を停めてそこから電車パターンを選択しました。

停めた場所は阪急庄内駅です。

f:id:arcueid00:20181016204631j:plain

伊丹空港まで数駅で行けて、かつ息子はモノレールに乗ったことがないので、丁度良いと思いここを選択しました。

車で梅田に行く際にもここを利用していたりします。
駅前のコインパーキングで1日500円なので、1日梅田で遊ぶならここに停めて電車賃払うほうが安上がりです。

今回はここから蛍池駅まで行き、そこからモノレール1駅乗って伊丹空港まで行きます。

f:id:arcueid00:20181016205402j:plain

阪急ではイベントに行く人はぱっと見いなかったですが、モノレールにイベントに行く人が大勢乗っていました。

伊丹空港には10時前に到着し、ひとまずメイン会場となっている展望台を目指します。

会場は出展のテントがズラッと並んでおり、フードから物販までいろいろ揃っていました。

f:id:arcueid00:20181016205922j:plain

私はたまたま売ってた阪急バスのトミカを購入しました。

スタンプラリーもやっており、スタンプを集めるとグッズがもらえるとのことで空港内を練り歩きつつ、JALANAの格納庫にも行けるということで、格納庫まで行けるシャトルバスがモノレール駅の下から出発していたのそれに乗ります。

どちらのバスに乗るかの選択なのですが、JALの列がANAより短かったので、子供の我慢ができそうな短い列のJALを選択。

並んだ時点ではJALの人気が少ないのかなと思っていたのですが、実はJALの格納庫へは歩いて行ける距離だった。ということを後で気づきました。

20分ほど待って、JALの格納庫行きのバスへ乗り込みます。

走っているより、信号待ちや駐車場から出る時間のほうが長く10分程度で格納庫に到着しました。

格納庫では各種イベントが行われていて

f:id:arcueid00:20181016210703j:plain

記念撮影ができたり

f:id:arcueid00:20181016210721j:plainトーイングトラクターが展示されており、運転席に座って写真が取れたり
(我が家は結構な列ができていたので諦めました)

飛行機と綱引きができました。

f:id:arcueid00:20181016210833j:plainただ、綱引きは小学生以上が対象ということで、息子は参加できませんでした。

格納庫からは歩いて戻ろうと15分ほど歩いて空港へ。

スタンプラリーのグッズですが、6個集めるか、4個集めるかでもらえるものが変わるようですが、ANAへの格納庫へは息子の機嫌的にも少し厳しい感じがしたので残念ですがスキップしたのでスタンプは4つとなり、ボールペンを貰いました。

その後、出店のぷよぷよすくいをして帰宅しました。

f:id:arcueid00:20181016211328j:plain

会場が空港ということもあり、広大で歩き回る必要があったので小さい子どもだとちょっと厳しいかなという印象を受けました。

イベント自体はまったり系で楽しいイベントだと思いますが、格納庫へ行かないと飛行機感があまりないので朝一でANAへの格納庫へ行くシャトルバスに並ぶのがよいのかなと思いました。

来年行くかどうかはわかりませんが、息子が飛行機好きであれば行こうかなと思います。